クリスマスの「買い替え」ならこのお店~!アルバート・フィニーキャロルがとにかく安い 2018年度

クリスマス・キャロル」は!アルバート・フィニーのこの作品が1番好きです。子供に絶対見せたかったので、クリスマスに間に合ってよかったです。ラストの群舞は迫力がありますね。

こ、これですっ♪

2018年01月05日 ランキング上位商品↑

クリスマス キャロル アルバート・フィニークリスマス・キャロル [ アルバート・フィニー ]

詳しくはこちら b y 楽 天

あのマーレイの亡霊、アレック・ギネスだったんですね。小さい頃!実家でクリスマスになると毎年家族で見ていたのがコレ。字幕しかないのが残念だけど子供も一緒に観ました。日本語吹き替えはないけど、ミュージカルの部分もあり、子供でも十分理解できる内容です。人生において大事なことは何かを教えてくれる作品の一つです。レンタルビデオなんか探してたりしたんですけど!なかなか無くって!楽天にあるのを見つけて買っちゃいました。お孫さんと観て頂きたくてお友達にプレゼントです。最後がやはり感動しますね。子供と見るのにちょうどよかったです。ラストのミュージカルシーンは思わず一緒に口ずさんでしまいます。今度は自分の子に見せたくて!購入しました。子供の頃!よく見ていた映画。40年以上前の作品ですが、とても味があり心に残る作品です。届いてから気付いたのです。ずっと昔に見た記憶がありますが!もう一度見たくなり購入しました。クリスマス・キャロルはいくつか映画化されていますが、私はこれが一番出来がよいと思います。ずっと探していましたが、やっと手に入りました。実は 最新版のものと間違って購入しました。確かに画面や撮影方法その他は現代のものの方がアミューズメント性に富んでいると思いますが。とてもユニークで上品です。我が家の6歳の息子も、少し解説しながら見たら、ちゃんと理解してました。何となくお化けは怖いみたいでした。最近の現実と見まごうばかりのCGと違い、人が演じている安心感があります。クリスマス・キャロルは!この映画が一番好きです。でもミュージカル風でとてもステキな映画でした。他の人も書いてましたが!クリスマスだけっていうより!大人になって見直すととっても味わい深い映画だなって思いました。レトロな撮影方法やこの作品が作られた頃の『クリスマスキャロル』は今の感覚と全く違う気がしてとても新鮮でした。何度も見たくなる素敵な作品だと思います。ラストのミュージカルシーンが最高♪♪40年ぶりぐらいかな?中学生の頃!親戚の大学生のお姉さんに連れられて観に行った懐かしい記憶が蘇りました。昔、子供のころはクリスマスの時期になるとNHKでこの映画をやってて、とても好きでした。。記憶をたどりながらこれかなと思ってかいましたが、ちょっと違ったみたいです。人間の一番大切なものは何かを説いていると同時にエンタテイメント性も抜群。一度の警告で改心するんですから、スクルージ老は根はいい人なんだなと思いました。クリスマス時期!子供さんや全ての人に一度は見て欲しい映画です。。。ミュージカル仕立てで!出演者の演技よりも歌と音楽が素晴らしく!40年経っても主題歌や挿入曲のメロディーを鮮明に覚えていたぐらい。過去のクリスマスの精霊と、辛かった子ども時代、楽しかった青年時代を見て、寂しげたたずむスクルージ老は、自分が傷つかないため非情に振る舞うんだなというのがよく分かります。残念ながらオスカー受賞は逃しましたが名曲揃いの名作ミュージカルだと思います。子供の時に観て、好きな映画でした。クリスマスではなく、落ち込んだ時に観たくなります。「クリスマス・キャロル」を題材にした映画は色々ありますが!この映画が一番好きです。この作品とレ・ミゼラブルは!一度は見ておくべき作品です10年以上前に観てから!愛と勇気と元気をもらっている作品です。何度も観ましたが!いつ見ても「人生はやり直せる」「私も頑張ろう」という気になれて!元気を貰ってます。また見たいなと思って!購入しました。昔、小さい頃にクリスマス時期にテレビでみたクリスマスキャロルがまた観たくなり購入しました。